STAFF

Staff

スタッフ

中川 哲治

Tetsuji Nakagawa, MS, ATC, CES

 

1981年、三重県松阪市生まれ。2019年、76011創立。

大阪体育大学を卒業後2004年に渡米。アーカンソー大学大学院卒業、NATA/BOC認定アスレティックトレーナー(ATC)の資格取得後の2009年から、7年間MLBのテキサス・レンジャーズでマイナーリーグアスレティックトレーナー、マイナーリーグリハビリコーディネーター、メジャーリーグアシスタントアスレティックトレーナーを歴任。2016年に帰国後、3年間NPBのオリックス・バファローズで一軍アスレティックトレーナー、リハビリコーディネーター、リハビリコーディネーター兼メディカルコーディネーターとしてリハビリおよびコンディショニングを担当。2019年、ハイレベルアスリート向けのリコンディショニングに特化したパーソナルジム “76011”を設立。2023年、リコンディショニング総合施設 RE-CONDITIONING FIELD 76011設立。現在日本人では唯一の日米両球団でのリハビリコーディネーター歴任者として、リハビリの他、身体感覚のコンディショニングによってトップアスリートの競技復帰からパフォーマンス向上まで幅広く貢献している。

職歴

76011
– 代表 (2019-現在)
RE-CONDITIONING FIELD 76011
– GM (2023-現在)

日本プロ野球
オリックス・バファローズ (2016-2018)
– リハビリコーディネーター兼メディカルコーディネーター (2018)
– リハビリコーディネーター (2017)
– 1軍アスレティックトレーナー (2016)

メジャーリーグベースボール
テキサス・レンジャーズ (2009-2015)
– メジャーリーグアシスタントアスレティックトレーナー (2014–2015)
– マイナーリーグリハビリテーションコーディネーター (2012–2013)
– マイナーリーグアスレティックトレーナー (2009-2011)
–  ショートシーズンA担当 (2011)
– ルーキーリーグ担当 (2009-2010)
– オフシーズンリハビリテーションアシスタント (2009-2010)

書籍

整形外科医のための肩のスポーツ診療のすべて (日本医事新報社)

– 第2章:肩のスポーツ疾患 Part 11:ハイレベルアスリートに見られる肩のスポーツ障害; メディカルリハビリテーション(P.409-425) 執筆担当

肩のスポーツリハビリテーション (日本医事新報社)

– 第2章:肩のスポーツ疾患 Part 11:ハイレベルアスリートに見られる肩のスポーツ障害; メディカルリハビリテーション(P.326-341) 執筆担当

資格

米国アスレティックトレーナー資格認定委員間認定アスレティックトレーナー
(NATA/BOC- ATC)

全米スポーツ医学アカデミー公認コレクティブエクササイズスペシャリスト
(NASM-CES)

学歴

アーカンソー大学フェイエットビル校 (2008)
– 修士課程・キネシオロジー
– 修士課程エントリーレベルアスレティックトレーニングプログラム
ノースカロライナ大学グリーンズボロ校 (2005)
– 学部受講生
大阪体育大学 (2004)
– 健康スポーツ科学部生涯スポーツ学科
三重高等学校 (2000)

講師歴

2022 パワープレート・ユーザー・カンファレンス
– ナボソ活用方法 (アスリート編)

ナボソ教育セミナー第1弾 (2022)
– 感覚入力を用いた動作改善へのアプローチ

ナボソ教育セミナー第2弾 (2023)
– 感覚入力の基礎理論とNabosoとの関連性

日本トレーニング指導者協会 第17回研修会 (2023)
– トレーニング指導者が知っておきたい感覚入力の基礎

第19回神楽坂スポーツ医学セミナー (2023)
– UCL損傷に対する理学療法(実技を中心に)〜野球現場での対応ポイント〜